死生学 –人はどこから来てどこへ行こうとしているのか– (永山太)

2020年7月26日

人は誰でも必ず死にます。では、人は死んだらどうなると思いますか?
輪廻のサイクルに入るのか、極楽浄土に行くのか、意識も何もかも消えて土に還るのか・・・
ある調査によると、「死んで終わりではない」と考える人は、日本人の5割を超えるそうです。

今回は短い時間ですが、死生学の学びを通して、死の疑似体験、死を意識した人生、また聖書的ライフサイクル曲線について考えてみたいと思います。

メッセンジャー:
シリーズ:
聖書箇所: ヨハネの福音書 14:6

0コメント

コメントを残す