今、クリスチャンはどうすべきか? (新型コロナウイルスの流行を受けて)

2020年3月15日

新型コロナウイルスの感染対策のため、小淵沢オリーブ教会では野外礼拝を行いました。
爽やかな晴天の下、神の家族と礼拝を捧げる時間は、本当に素晴らしい恵みのひとときでした。
何より、外は広い! 狭い狭いと苦労していた小屋の中での礼拝が、嘘のようです。

さて、2020/3/15時点で、新型コロナウイルスに関しては様々な情報が飛び交い、誰もが不安の種を抱えたような状況だと思います。

このような事態を、私たちクリスチャンはどのように捉えるべきでしょうか?
また、どのようなメッセージを発していけば良いでしょうか?

歴史を貫く聖書の言葉から、平安と生きる力を受け取りましょう。

メッセンジャー:
聖書箇所: 詩篇121:1-8, エステル記 4:14

0コメント

コメントを残す