クリスチャンの戦いの本質

2020年3月22日

先週に引き続き、オリーブ教会では、感染対策のため野外礼拝を行いました。
世界中を目に見えない敵が席巻している今、「不安」を元にした様々な社会的ひずみが現れてきています。
もちろん、極度に不安視・楽観視せず、目の前の敵を冷静に捉えることが肝心です。しかし、真に恐るべきものは何なのか?という本質を考える時でもあるかもしれません。
私たちは、「神様の想定外の緊急事態を孤軍奮闘している」わけではないのです!

「敵を間違えない」
「味方を忘れない」
聖書から、この2ポイントを学びましょう。

メッセンジャー:
聖書箇所: ローマ人への手紙 8:31-39

0コメント

コメントを残す