疑り深い弟子 (ウィリアム・ウッド)

2021年8月8日

イエスは復活後、10人の弟子の前に現れました。
しかし、トマスだけは席を外しており、他の弟子たちに「自分で確かめなければ信じない!」と宣言します。そこへイエスが現れて・・・
有名な、疑り深い弟子・トマスの場面です。

ともすると、「見ないで信じるようにならないとね〜」と、反面教師として語られやすい場面です。しかし、本当にそれで良いのでしょうか?
トマスには、「疑り深い」の一言で片付けられない、素晴らしい性質が備わっていました。

本音を隠さない「正直さ」、周りに流されない「勇気」。
何より、最も疑り深かったからこそ、最も明白な信仰告白に導かれたのです。

信じたくても信じられない・・・
周りに流されて本音で生きられない・・・

そんな生きづらさを抱えている方。今日はトマスに学んでみませんか?
あなたも、一点の曇りもなく、本心から「私の主、私の神」と告白できるようになります!

【ウイリアム・ウッド先生の情報】
「大川牧師著『永遠と復活』に対する聖書的検証」を出版されました。日本の福音宣教に重要な内容になっているとのことです。
以下からお求め頂けます!
ホームページ: https://cult-sos.net/books_dvds/
ハーベストタイム: https://harvestshop.net/jp/products/detail/919

メッセンジャー:
シリーズ:
聖書箇所: ヨハネの福音書 20:19-31

0コメント