ダビデ物語(16) ダビデvsサウル (坂本高志)

2022年6月5日

「泣く人と共に泣き、喜ぶ人と共に喜ぶ」。
さて、あなたにとって、どちらがより簡単ですか?

おそらく、多くの人にとって「泣く人と共に泣く」ことの方がたやすいのではないでしょうか?残念なことに、他人の喜びは私たちにとって手放しに喜べないばかりか、暗い影を落とすことすらあるのです。

この惨めな心の状態は「嫉妬」から来ています。そして、嫉妬する人は、他人から羨ましがられることで自己肯定感を得ようとする傾向があります。

サウル王もまた、次々に敵を打ち破って輝かしい戦績をあげたダビデに嫉妬を燃やしました。一方で、サウル王の息子ヨナタンはダビデに嫉妬するどころか、生涯の友情を誓いました。

なぜ、ある人は嫉妬し、またある人は嫉妬から解放されているのでしょうか?
その違いは、私たちの世界観に深く関わっています。
ですから、嫉妬に悩むなら、世界観を修正する必要があります。

聖書の世界観を私たちの心に取り戻し、嫉妬から解放され、軽やかな心で人の幸せを心から喜ぶ者となれますように!

メッセンジャー:
シリーズ:
聖書箇所: サムエル記第一 18:1-30

0コメント

コメントを残す